よい旅ニュース通信  ~日本のすみずみを旅先に。~

menu
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

出雲観光協会、出雲日御碕の景観を海上から楽しむ特別クルーズ運行 漁師乗船の小型漁船クルージングも

島根県出雲市の観光協会は8月7日(土)から9月19日(日)にかけて、県西端の観光スポットの出雲日御碕(いずもひのみさき)エリアの景観を、海上から楽しむ特別クルーズを運航します。クルーズでは、地殻変動時代の奇岩が連なる「島根半島・宍道湖中海ジオパーク」、神話が残る「大山隠岐国立公園」、日本遺産認定「日が沈む聖地出雲」の景観や歴史文化を体感できます。

特別クルーズは2コースあって、計7回運航します。「日御碕クルージング2021₋海から見る日御碕₋」は、日御碕漁港~経島(海上から)~日御碕灯台付近~ジオ海岸~出雲松島を巡ります。日時は8/8(日)、8/22(日)、9/5(日)、9/19(日)の11時出航で約40分のクルージング。料金は大人2,000円、小学生以下1,500円。「稲佐-日御碕クルージング₋かつての海上交通で行く日御碕神社参拝₋」は、大社漁港~日御碕神社参拝~大社漁港を巡ります。日時は8/7(土)、8/28(土)、9/11(土)の9時と15時出航で約1時間30分のクルージング。料金は大人3,500円、小学生以下2,000円。乗船時、自然環境保全を任意で払います(100円~170円程)。申し込みは観光協会ホームページから。募集人数は各回20名(最少催行5名)、クルーズ船は乗船定員45名なのでゆったりできます。なお、まん延防止等重点措置以上の対象地域から受け付けは休止しています。

 

観光協会担当者は、「今回の特別クルーズのほか、現在、地元漁師さんの案内で小型漁船に乗船して湾洞や洞窟を巡るクルージングの予約も受け付けしている。特に冒険好きにぴったり。」とPRしています。

出雲市 地元漁師と巡る 鷺浦湾と海岸線クルージング
地元漁師と巡る鷺浦湾と海岸線クルージング
出雲市 地元漁師と巡る 鷺浦湾と海岸線クルージング
洞窟めぐり

 

関連サイト

出雲市観光協会
https://www.izumo-kankou.gr.jp/

関連記事