よい旅ニュース通信  ~日本のすみずみを旅先に。~

menu
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

島根県 出雲の神在月(かみありづき)、特別な「出雲神楽」定期公演開催 日本遺産構成文化財「日御碕神社」の神聖な境内で

島根県の出雲観光協会は、全国から八百万(やおよろず)の神々が集うと言われる9月下旬から11月の神在月の土曜日・5日間限定で、日本遺産の構成文化財 日御碕神社(ひのみさき)で郷土芸能「出雲神楽」の定期公演を開催します。

「出雲神楽」を披露するのは社中(しゃちゅう)と呼ばれる神楽を継承する活動隊です。5日間限定の定期公演では、毎回異なる社中が「出雲神楽」を披露します。会場の日御碕神社は、天照大御神(アマテラスオオミカミ)と素戔嗚尊(スサノオノミコト)が祀られています。公演は、ふだん立ち入りできない神社の境内が舞台で行います。

 

公演日程は9/25・10/9・10/23・11/6・11/27。定員は各回25名。観覧料金は一般観覧大人2,500円、小学生以下1,500円、夕食付大人5,000円、小学生以下3,500円。観覧の予約は観光協会ウェブサイト又は、電話(0853-31-9466)にて。

 

出雲市観光協会は、「全国の神々が集う神在月を迎える出雲の神聖な舞台で「神さまを楽しませるための舞い」を観覧して、特別な場所で特別な時間をお過ごしください。」と伝えています。

 

関連サイト

出雲観光協会
https://www.izumo-kankou.gr.jp/11643

関連記事