よい旅ニュース通信  ~日本のすみずみを旅先に。~

menu
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

コロナ禍、地方自治体や観光協会が公開してきた観光PR動画から地域性や手触り感のある作品を紹介します。各作品はコロナ禍が始まってから制作に取り組みはじめたものと思います。関係者はどの様な気持ちだったのでしょう。そんな制作者の気持ちを想像して動画を視聴してみるのはいかがでしょう。そして、ここで偶然知った地域にいつかお出かけ下さい。まだ途中ですが、47都道府県をアップしてゆきます。解説はネタバレ含みます。

 

【北海道地方】

北海道 HIDAKA2020/11公開)

北海道は、札幌や空港に近い都市部の自然すら凄いですが、そこから少し離れるとさらに雄大な自然があります。そんな旅に、札幌から車で70分のひだか地域(日高町、平取町、新冠町、新ひだか町、浦河町、様似町、えりも町)はぴったり。リズムよく各地を紹介しています。

 

【東北地方】

青森県 黒石市「ゆるり黒石」(2021/1公開)

江戸時代前期からの流れをくみ風情ある中町こみせ通り。こんな町は、ひとり旅、ふたり旅で出かけてみたくなります。ゆるりとしながらも、感性が研ぎ澄まされそうな町です。

 

岩手県 花巻観光協会「花巻12湯」(2021/1公開)

花巻市には湯巡りを楽しめる12もの温泉郷があります。昔は電鉄が温泉地と花巻駅を結んでいたとか(廃線)、今はバスや乗り合いタクシーが整備されていています。当時の電鉄を回顧した作品です。

 

秋田県 八峰町観光協会「八峰町の日常をおすそわけ」(2021/1公開)

現場を歩きながら話す言葉と、挿入したナレーションで展開。このタッチ、個人的に好みです。青森県と県境の秋田県沿岸の最北の地、八峰町は、温かな人々が故郷の味を紡いでいます。

 

宮城県 田沢湖.角館観光協会「SembokuExperience」(2020/9公開)

動画を見てハッとしたのはレンタカー。4年前、男3人で東京→(新幹線)→仙台→(バス)→田沢湖・角館にパックツアーで訪れたこと。ほとんどバスの中にいましたが素敵な思い出です。

 

山形県 鮭川村「鮭川村が温かい」(2021/4公開)

鮎川村出身の演出家マッコイ斉藤氏の帰郷の様子と鮎川村を紹介しています。地方に故郷のある人が共有している故郷の価値が伝わってきます。この方を知りませんでしたが、TVやYotubeでかなりご活躍でした。

 

福島県 うつくしま浜街道観光推進会議
Hamadori, Fukushima keeps moving forward
2021/3公開)

太平洋に沿う長い浜資源を活用してスポーツツーリズムに力を入れていくのでしょうか。震災以降、一度も訪れていない福島ですが、行ってみたいと思いました。

 

【関東地方】

茨城県 イバラキTV「ひたちなか おおあらい 海風リゾート360°」(2021/3公開)

大洗は東京からほど近く何度か訪れたスポットです。臨場感溢れる女子旅のライブ感とVRの旅行体験が楽しめます。日常にこのような旅が戻ってくれることを願わずにいられません。

 

栃木県「Tochigi Japan in 8K-日光・那須」(2020/10公開)

たびたび物議となる民間調査会社が発表する地域ブランド調査(2020年魅力度最下位「栃木県」)って何かなって思います(汗)。作品では一切ナレーターを入れず県内計48箇所のスポットを一挙に紹介。圧巻です。調査に対してどうだと言わんばかり(笑)。

 

群馬県 温泉群馬「My Gunma ~私だけの群馬を探して~2020/9公開)」

450以上の源泉を有する温泉王国の群馬県。昼間の草津温泉の中心街が映るシーンに観光客の姿がありません。平時の撮影だと人を避けようとしても映り込むのに。昨今の疲れを癒やしにどっぷりと温泉に浸かりたくなるような作品ですね。

 

埼玉県 「渋沢栄一翁PR動画」(2020/11公開)

埼玉県は人物にフォーカスした作品。NHK大河ドラマの主人公で、新1万円札の肖像画にもなる渋沢栄一氏。埼玉県北部の深谷市が出生地です。渋沢氏が注目されるまであまり知られていなかった地域です。同氏の生き方を映す「論語と算盤」を読んでから出掛たい場所です。

 

千葉県 銚子市「銚子浪漫帰行~100年後に残す記憶~」(2021/4公開)

紀行ならぬ、帰行。大正浪漫と現代が織り混じりながら、謙虚にたっぷりと銚子らしさを紹介していて心地良いです。経営危機をバネにいろいろ事業を仕掛けている銚子電鉄の動向はいつも気になります。

 

東京都 スーツ旅行【伊豆大島】東京から100分で行ける火山島 大島1周旅行(2021/3公開)

日頃視聴している旅行ユーチューバーさんの大島旅行です。大島町の委託案件で制作された3時間超え(驚)の大作。都内在住者は、旅行は都外に行くが良し的なところがありますけれど、大島をはじめ伊豆七島はふらっと離島を味わえる都内です。

 

神奈川県 小田急線「癒しの旅」(2021/1公開)

神奈川県と小田急線が連携して実施する観光動画コンテストの優秀賞作品。小田急線は新宿から小田原/箱根、江ノ島を結び、沿線生活者の普段の生活の足と身近なレジャーの足になっています。

 

【中部地方(信越・北陸)】

新潟県 出雲崎市MondeoWelcome to the 出雲崎」(2021/3公開)

2020年2月、出雲崎市に赴任した地域おこし協力隊員が、今年3月の退任にあたり制作したミュージックビデオ。町在住のシンガー・ソングライターの歌を音源にしています。出雲崎市のような町に行く旅行が増えたらと思います。

 

長野県 岡谷市「信州岡谷サイクルツーリズム山麓編」(2020.12公開)

自転車で世界一周を達成した岡谷市出身の冒険家 小口良平さんが動画をプロデュース。山麓とサイクリングがセットでさぞ険しくないかと思いきや優しい里山でしょうか。アップダウンあると思いますが気軽にチャレンジできそう。最後の八ヶ岳と諏訪湖を望むシーン、達成感が伝わります。

 

山梨県 身延町観光課「みのぶでできる100のこと」(2021.01公開)

壮大な自然と色濃い伝統文化を感じるのは、富士山の存在抜きに語れません。千円札になった富士山の絶景が拝める展望台はこの地にありました。

 

富山県 上市町商工会 「おすすめスポットを紹介!」(2020/12公開)

上市町は、富山県を象徴する立山連峰の峰々で象徴的な剣岳の麓にあります。富山駅から地方鉄道で30分程。当サイトのトップページ写真は、ここ上市町をドライブ中に撮影した?(はずです)。いわゆる観光地とは違うじんわりくる旅をしたい人にお勧めしたい町です。

 

石川県 山代温泉観光協会「山代温泉で巡ろう!学ぼう!あいうえお①」(2021/4公開)

金沢から車で約1時間の加賀温泉郷。日本語の五十音図「あいうえお」は、平安時代の僧・明覚(みょうかく)が山代温泉で作ったそう。 動画で「あいうえお」の歴史を巡ります。日本語学ツーリズムとも言うのか、とても興味深いです。

 

福井県 あわら市「幸、感じるまち。あわら市」(2020/3公開)

この動画は2020年3月公開(少し関わりご紹介)。2023年春の北陸新幹線芦原駅開業(開業延期)に向けて制作されました。あわら温泉街は田園風景に溶け込む立地にあり、温泉は海か山と印象のある人がこの温泉街に行くと不思議な感覚を覚えるでしょう。作品では、地域の魅力をほっとするナレーション映像と地元高校奏楽部のリズミカルな演奏にのせて伝えています。

 

【東海地方】

静岡県 三島市「水の都 三島」(2021/2公開)

水のまち、三島市がよく表現された作品です。三島を訪れると街全体で湧水を感じます。湧水の上に街があるようです。いつも街に清潔感を感じます。そして、その源の富士山のパワーをヒシヒシ感じます。

 

愛知県 とこなめ観光協会 常滑ショートムービー「泣きたいのに泣けない私」(2021/1公開)

常滑市が舞台のアニメ映画「泣きたい私は猫をかぶる」を活用した作品。同市出身の映画監督が動画を手掛けました。観光PR動画では異質なタッチですが、作中の場所にふらっと出かけてみたくなる後味が残ります。主人公の様な人がいそうというのもポイント?

 

岐阜県 飛騨地域観光協議会  わたなべ夫婦「久しぶりに二人で旅行にきちゃった!えへへ・前篇」(2021/3公開)

飛騨地域観光協議会(飛騨市・下呂市・高山市・白川村)が提供する、わたなべ夫婦さんの現地レポートです。ご夫婦はユーチューブとブログで活動しているとのこと。観光協議会のナイスキャスティングだと思います。飛騨の魅力がにじみ出ていて、とにかく旅したくなります。動画は前編の下呂と高山、後編の白川と飛騨の旅の2篇。

 

【関西地方】

滋賀県 滋賀県 「シガリズム 遊び旅篇」(2021/3公開)

シガリズ~皆様を心のリズムをととのえる旅へ誘います。~というコンセプトを訴求。遊び旅編・暮らし旅編の他、県内7エリア毎の作品があります。ロケーション、アクティビティが充実しています。やはり琵琶湖があるからこそ観光の裾野が広くなる。琵琶湖から富士山を思い出しました。

 

京都府 福知山市 「明智光秀マインド 」(2021/1公開)

2020年1月~2021年2月放送のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公、明智光秀ゆかりの地が福知山。本来、大河ドラマ作品の地には大きな観光効果があったはず。コロナ禍のピンチを乗り越えようとする市民協働の姿。それこそ光秀マインドでした。冒頭、語り手のクリスペプラーさんが、明智光秀の末裔だと挨拶するシーン、さりげなくかっこよいです。

 

奈良県 TBD