よい旅ニュース通信  ~日本のすみずみを旅先に。~

menu
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

青森県十和田湖の神社で、秋と冬に光の祭典「カミのすむ山 十和田湖フェスタ・ルーチェ2021-2022」開催

十和田湖冬物語実行委員会(事務局:十和田奥入瀬観光機構)は秋(10/21~11/23)と冬(12/4~2/21)の夜間、湖の中山半島にある「十和田湖神社」においてイルミネーションイベント「カミのすむ山 十和田湖フェスタ・ルーチェ2021-2022」を開催します。なおイベントに入場する際、ワクチンの接種証明書等の提示が必要です。

イベントは「十和田湖伝説」をコンセプトに、荒れた湖が平和で穏やかになり、人々が祈願に訪れる場所になる物語を光と音楽で演出。秋は「第1章 光の紅葉物語」、冬は「第2章 光の冬物語」がテーマです。

 

会場の十和田神社は、十和田湖に突き出る中山半島の付け根にあり、厳かな建築とパワースポットで知られています。「第1章 光の紅葉物語」は樹木のライトアップをメインに神社の参道を照らし、「第2章 光の冬物語』はイルミネーションの動物達が登場します。「第2章 光の物語」期間の土日(1/1・2除く)は冬の花火ショーも行います。

 

開催時間は17:30~21:000(最終受付20:30)、冬の花火の日は21:30まで(最終受付21:00/花火打上20:30~)。休業日は水・木曜日(12/29・30は営業)です。入場料は大人の前売り1,200円、当日1,600円、小学生以下は無料。前売りはローソンチケットとパスマーケットで販売を開始しています。

 

フェスタ・ルーチェはイタリア語で光の祭典という意味。イルミネーションを手掛ける豪州と日本の企業が実行委員会と企画を行い、2017年和歌山県で開催してから毎年地域でイベントを開催しています。十和田湖神社では昨年冬に開催して、今年2回目です。

 

関連サイト

カミのすむ山十和田湖FeStA LuCe公式HP
https://festaluce.jp/aomori/

十和田奥入瀬観光機構
https://www.towada.travel/ja/index

関連記事