よい旅ニュース通信  ~日本のすみずみを旅先に。~

menu
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

茨城県大子町、明治元年登記の古民家を10月22日から1か月限定レストランに 軍鶏や鮎、りんごなど地域食材で料理提供

茨城県の最北西部に位置する大子町(だいごまち)は、町内の古民家「旧吉成邸(よしなりてい)」を活用して、10月22日(金)~11月21日(日)の間、地域食材を世界の調理方法で提供する、期間限定レストラン「だいご茶房」をオープンします。運営は委託事業者㈱さとゆめ。

店舗のコンセプトは探求レストランで、町の古民家と食で様々な機会を生み出すことが目的。古民家「旧吉成邸」は木造2階建て(248.75平米)。建物は明治元年登記の記録が残りますが、内部から太閤検地の文殊が見つかるなど建築年代はさら古いと考えられます。店舗は1階の一角をリノベーションしました。

 

営業はランチとカフェタイム。料理人は、世界の食文化に精通し食育PJTに携わる寺脇加恵 氏。地域の奥久慈軍鶏や鮎、奥久慈りんご、奥久慈茶、野菜を食材に使い、世界各国の調理方法で提供。1,500円のランチは、「天然鮎の春巻のせ 雑穀のリゾット 焼き茄子、軍鶏の出汁のスープ仕立て」、「軍鶏の燻製のせラザニア 里芋のベシャメルソース(ご飯付)」、「軍鶏つくねの月見くずしごはん 軍鶏の卵黄 味噌漬けのせ」(全て野菜のおばんざい、味噌ポタージュ付)。カフェは、「奥久慈りんごのまるごとムースケーキ」(650円)。飲み物はりんごのスパークリングジュース、焙煎珈琲など用意。

茨城県大子町 だいご茶房
天然鮎の春巻のせ 雑穀のリゾット 焼き茄子、軍鶏の出汁のスープ仕立て
茨城県大子町 だいご茶房
軍鶏の燻製のせラザニア 里芋のベシャメルソース
茨城県大子町 だいご茶房
軍鶏つくねの月見くずしごはん 軍鶏の卵黄 味噌漬けのせ
茨城県大子町 だいご茶房
奥久慈りんごのまるごとムースケーキ

 

営業時間:ランチ11時~14時、カフェ14時~16時(それぞれ終了30分前ラストオーダー)
定休日:10/28(木)、11/4(木)・9(火)・11(木)・18(木)
予約:TEL:
080-7523-3501またはメール:daigo_kominka@satoyume.com

 

公共交通のアクセスは、水郡線「水戸駅」から約1時間20分の「常陸大子駅」下車。駅から直ぐの日産eシェアカー等の車で約20分。東北新幹線「那須塩原駅」からレンタカーで約40分。

 

大子町は茨城県最北西部に位置し北が福島県と西が栃木県の県境です。日本三名瀑「袋田の滝」や温泉(源泉8本)があり、林野庁が唱えた森林セラピー基地の拠点になっています。

 

関連記事