よい旅ニュース通信  ~日本のすみずみを旅先に。~

menu
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

休暇村協会、宿泊者が投票する朝ごはん「IPPINグランプリ」前半戦結果発表 岩手県宮古の新ご当地グルメ「瓶ドン」が全国第1位

国立や国定公園でリゾートホテルブランドを運営する休暇村協会は、今年4月から9月30日の期間、全国の休暇村を利用した宿泊者がホテルの朝食を評価して投票する、「IPPINグランプリ」前半戦の結果を発表しました。(写真:岩手県宮古市の新ご当地グルメ「瓶ドン」)

グランプリ前半戦の総投票数は18,418票。投票結果のベスト3は、第1位に岩手県宮古市の新名物の三陸の新鮮な魚介を漬け込み瓶詰した「瓶ドン」。第2位に生まぐろ水揚げ日本一の千葉県 勝浦漁港で水揚げされる「生まぐろ丼」。第3位に岡山県 蒜山(ひるぜん)の素材を厳選した手作りカスタードクリームで作る「高原フレンチトースト」がランクインしました。

 

第1位(9.48点)  宮古新ご当地グルメ「瓶ドン」(岩手県・休暇村陸中宮古)
第2位(9.40点)  勝浦港で水揚げされた鮮度抜群「生まぐろ丼」(和歌山県・休暇村南紀勝浦)
第3位(9.28点)  「手作りカスタードの高原フレンチトースト」(岡山県・休暇村蒜山高原)

※4位以降は、IPPINグランプリ公式サイトで紹介しています。

休暇村IPPINグランプリ
第2位「生まぐろ丼」
休暇村IPPINグランプリ
第3位「手作りカスタードの高原フレンチトースト」

「IPPINグランプリ」は、各休暇村の料理長が特に勧める朝食を全国から37つエントリー。それを食べた宿泊客が10点満点で投票します。最新順位は、休暇村公式HPでリアルタイムで公開。投票者には、前半戦と後半戦毎の抽選で各回60名に休暇村会員の6,000ポイントをプレゼントします。後半戦は、10月1日(金)~来年3月31日(木)まで。

 

関連サイト

休暇村IPPINグランプリ
https://www.qkamura.or.jp/campaign/ippin/

宮古観光文化交流協会
https://www.kankou385.jp/

勝浦観光協会
https://www.katsuura-kankou.net/

真庭観光局(蒜山高原)
https://www.maniwa.or.jp/hiruzen/

※記事に関連する地域の公式観光サイトを紹介しています。

関連記事