よい旅ニュース通信  ~日本のすみずみを旅先に。~

menu
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

小田急電鉄、3/12から小児の乗車料金を低廉化 IC運賃と通学定期、観光フリーパスも

小田急電鉄は昨日、小児IC運賃、通学定期券、箱根フリーパスなど企画乗車券の現行料金を、ダイヤ改正の3月12日(土)から引き下げると発表しました。この発表は昨年11月、小児IC運賃を全区間一律50円にすると発表したことのアップデート。

 小児用ICカードが最高区間445円・最安区間63円から全区間一律50円。通学定期が1か月最高区間3,820円・最安区間820円から全区間一律800円。3か月・6か月は更に割引。

 

 企画乗車券(新宿発)は、箱根フリーパス(2日間)が1,500円から1,100円、同(3日間)が1,750円から1,350円。丹沢・大山フリーパス(Aきっぷ)が1,270円から970円、同(Bきっぷ)が790円から400円。江の島・鎌倉フリーパスが現行の770円から430円。

 なお、江の島・鎌倉フリーパスは、同日付で大人を含む料金の見直しがあり3/11以降一部部区間(湘南台駅~片瀬江ノ島駅発)は小児料金でも現行を上回ります。

 

 料金改定に際し、2/ 10日(木)~3/25日(金)の間、小田急線各駅または定期券売り場で小児用PASMOを購入してアンケートに回答すると先着10,000名で、特急ロマンスカー・GSE(70000形)オリジナルICカードケースがもらえるキャンペーンを実施します。

 既に小児用PASMOやこども用My Suicaを持つ場合、新たに小児用PASMOを購入することができません。

 

 料金改定は、小田急電鉄の子育てしやすい沿線環境実現に取り組み。 
 小児IC運賃を持続的に大人運賃の半額以下の一律低廉化するのは全国の鉄道で初めて。

 

関連サイト

小田急線電鉄
https://www.odakyu.jp/

 

関連記事