よい旅ニュース通信  ~日本のすみずみを旅先に。~

menu
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

仙台うみの杜水族館|魚を肴に日本酒ナイト開催|宮城と山形の8酒蔵が集合

宮城県の仙台うみの杜水族館は5月28日(土)の通常営業後、宮城県と山形県の酒蔵が集まり、地酒をふるまう復興支援イベント「魚を肴に日本酒ナイト水族館」を開催します。

魚を肴に日本酒ナイト

 イベントのコンセプトは「水族館の魚を肴に日本酒を飲む」。同夜、水族館に宮城県と山形県から8つの酒蔵が集まり地酒を提供します。

 

 具体的な酒蔵は、宮城県が気仙沼の「角星」「男山本店」、石巻の「平孝酒造」、塩竈の「佐浦」「阿部勘酒造」、閖上の「佐々木酒造店」。山形県が蔵王の「蔵王酒造」、栗原の「金の井酒造」。

 フードは、水族館考案の「イカゴロ焼き飯」、気仙沼名物フカの南蛮ほか、三陸の幸を使った料理や仙台のご当地料理など安価に提供。

 

 入館券は前売り制で普通3,600円および升盛りお刺身付き4,700円。各券共通で入館券・オリジナルグラス・試飲チケット2枚付き。会場で追加の試飲チケット(4杯1,000円・1杯300円)販売。前売り入館券の購入は、水族館ホームページまたはセブンイレブン・ローソン。

 

 当日の受付17:50~、開場18:30~21:30(最終受付21:00迄)。

 

 現地アクセスは、「仙台駅」からJR仙石線「中野栄」駅下車(約18分)。徒歩約15分またはミヤコーバス仙台うみの杜水族館線。

 

 イベントは2017年から東日本大震災の復興支援企画として開催。今年はコロナ禍の影響を受けた酒蔵を応援する意味を込めています。

 

 

関連記事

error: