よい旅ニュース通信  ~日本のすみずみを旅先に。~

menu
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

スキー場が植物園に、希少な高山植物を鑑賞(長野県白馬市)

約300種200万株の高山植物の鑑賞できる白馬五竜高山植物園(長野県安曇野郡白馬市)は、2021年6月24日からの正式オープンを前に、6月5日(土)・6日(土)、12日(土)、13日(日)の週末限定でオープンします。同植物園は冬春はスキー場ですが、夏秋は植物園として営業しています。

植物園は例年、6月下旬にオープンしていますが、その頃は開花の早い希少な高山植物の見頃が過ぎていました。今年6月上旬から開園することになり、ルップソウ、シラネアオイ、チョウノスケソウ、クロユリ、チングルマなど珍しい高山植物の観察を楽しめるとのことです。

 

スキー場および植物園を運営する株式会社五竜が、ウインタースポーツ後の白馬を活性化するため、夏の高山植物の魅力を発信するために企画されました。

白馬五竜高山植物園の見晴らし

週末限定オープン期間は、「学芸員とまわる雪解け直後の高山植物園散策ツアー(要予約、参加費500円)、「高山植物苗の無料プレゼント(先着50名)」、「高山植物ハーブティー試飲会」など特別イベントも実施します。

 

植物園の担当者は、「今年、スタッフだけが知っていた希少な高山植物を鑑賞してもらうため、現在園内の整備を急いでいする。白馬の大自然の中、コロナ禍のストレスを発散して欲しい。」と話します。

 

植物園の入場料は無料。別途ゴンドラ往復料金2,000円。通常開園は6月19日(土)~10月24日(日)

 

関連リンク

白馬五竜高山植物園
https://www.hakubaescal.com/shokubutsuen/

白馬五竜観光協会
https://www.hakubagoryu.com/goryu/

関連記事