よい旅ニュース通信  ~日本のすみずみを旅先に。~

menu
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

黒部峡谷トロッコ電車が夜行列車「星空トロッコ」運行|V字峡を進み終点で星空観察

富山県の人気観光列車、黒部峡谷トロッコ電車は9月下旬から11月下旬のにかけて計6回、夜間列車「星空トロッコ」を運行します。

黒部峡谷鉄道 星空トロッコ

 星空トロッコは、定期ダイヤ終了後、「宇奈月駅」17:01発の臨時列車に乗車して、日本一深い谷というⅤ字峡を進み、約1時間20分で終点「欅平駅」到着。その後、屋上展望台で約50分間、星空解説員の星空ガイドを聞きます。星空が見えない日は映像機器で星空教室を実施。戻りは「宇奈月駅」21:06着。列車乗車前、希望者には機関車のヘッドマークと記念撮影も(15:40集合)。

 

 運行日は9/24(土)・25(日)、10/1(土)・2(日)、11/19(土)・20(日)の計6回。募集人数は25名~50名で各回異なります。

 

 乗車券料金(往復)は大人 10,000円・小人7,000円。記念品、軽食、保険付き。申込みは公式サイトまたは電話。ハガキ、FAXも可。各回先着順。締切日は土曜運行が前週火曜まで、日曜運行が前週水曜まで。料金は参加決定後、事前振込み。

 

 黒部峡谷鉄道は、「普段、乗ることができない列車で特別な体験を楽しんで欲しい。冷え込むのでばっちり防寒対策を。」と言います。

 

関連記事

error: