よい旅ニュース通信  ~日本のすみずみを旅先に。~

menu
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

浴衣に着替えて、阿蘇山奥の黒川温泉街を散策遊び

熊本県の黒川温泉で、本日から今年12月31日まで、貸出しの浴衣を着て温泉街を散策しながら、温泉とグルメを楽しむ観光プログラム「黒川#ユカタキドリ」が実施されています。主催は黒川温泉観光協会で、昨年に続き実施するものです。

熊本県阿蘇地域の奥深い山間地に位置する黒川温泉は、大自然の景観と調和した温泉街が魅力です。温泉街の景観は、ミシュラン・ガイドジャポン2つ星やグッドデザイン賞特別賞なども受賞。2017年には旅行専門紙の旅行新聞社が発表した「浴衣が似合う温泉地」で全国8位にも選ばれました。

 

プログラムに参加するには、まず観光協会(黒川温泉べっちん館内)で、専用パンフレットを2,000円で購入します。パンフレットに、浴衣レンタル、温泉(1枚)、グルメ(2枚)のチケットが付いています。その場で浴衣に着替えて散策出かけられます。受付は時間は10時からで、16時迄に着物を返却します。観光協会職員さんは、「宿泊する人も、日帰りの人も、早い時間に受付を済ませれば、その日は長く着物を楽しんでもらえます。」とのこと。

黒川温泉 #ユカタキドリ

 

また、同じ#ユカタキドリをテーマにインスタグラムフォトコンテストも開催されています。浴衣が似合う温泉街で自身や同行者の写真を撮ってコンテストに応募すれば、さらに温泉街の散策が楽しめます。

 

詳細は関連サイトにて。

 

関連サイト

黒川温泉観光旅館協同組合
https://www.kurokawaonsen.or.jp/

関連記事