よい旅ニュース通信  ~日本のすみずみを旅先に。~

menu
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

東武鉄道、浅草駅23:55発~東武日光駅2:16着の夜行列車を運行&専用バスも 早朝から奥日光の紅葉を堪能

東武鉄道は、紅葉シーズンの10月9日(土)・16日(土)・22日(金)・23日(土)・29日(金)・30日(土)、東武スカイツリーライン「浅草駅」~日光線「東武日光駅」の夜行列車「日光紅葉夜行」を運転します。

日光紅葉夜行は、浅草駅を深夜23:55分に出発して東武日光駅に2:16に到着します。途中駅の北千住駅24:10発、春日部24:45発からの乗車も可能です。東武日光駅に到着後4時まで列車に残り仮眠ができて(10/9出発分のみ3時まで)、その後専用バス(4:30出発・10/9出発分は3:30出発)で中禅寺湖・竜頭の滝・戦場ヶ原・湯元温泉(各自降車)などを巡ることができます。夜行列車の座席は電源設置、Wi-Fi利用も可能。

 

乗車料金は、往路片道(浅草駅発)大人6,000円・子供4,000円、往復(浅草駅発)大人8,000円~・子供5,000円。追加料金大人400円、子供200円で日光自然博物館入館券付き乗車券もあります。また往路は追加料金1,500円(大人・子供同額)で1名2座席利用が可能です。専用バスは往路・往復プランとも東武日光駅から湯元温泉までの運賃が含まれていて、往復プランは普通路線バスの湯元温泉から東武日光駅までの運賃(2日間有効・同一方向乗降り自由)も含まれています。他にも往路乗車券を提示すると、中禅寺湖遊覧船の乗船、中禅寺金谷ホテルの日帰り入浴ほか観光施設で割引が受けられます。

乗車チケットは9月9日(木)から、旅行会社東武トップツアーズ各支店またはWEBで発売します。

東武鉄道 日光紅葉夜行
東武鉄道 日光紅葉夜行

東武鉄道は、「深夜時間帯に出発して道路混雑を避け、奥日光の色鮮やかな紅葉を早朝から満喫できる。早朝の奥日光で鮮やかに彩られる風景や、男体山をはじめとした雄大な自然を心ゆくまでご堪能ください。」と伝えています。

 

関連サイト

東武鉄道(特設サイト)
https://www.tobu.co.jp/odekake/campaign/47/

関連記事