よい旅ニュース通信  ~日本のすみずみを旅先に。~

menu
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

愛媛県・伊予鉄道「松山市駅」近くに、ご当地の魅力を提案する「レフ松山市駅 by ベッセルホテルズ」12月1日(水)オープン

愛媛県松山の伊予鉄道「松山市駅」近くに、電車をモチーフにした部屋や朝ごはん等で愛媛の魅力を体験できるビジネスホテル「レフ松山市駅 by ベッセルホテルズ」が12月1日(水)にオープンします。運営はベッセルホテル開発(広島市)。

ホテルのコンセプトは、「THE STATION」。ゲストと松山を繋ぐハブの役割を担うことを意味します。約60年間活躍した伊予線の引退車両の運転席・床材・つり革などリユースしている「伊予鉄ルーム(2部屋)」や路面電車を眺められる部屋を売りとして、松山を象徴する伊予線とのシナジーを高めています。また、全室に愛媛の工芸品の「伊予絣(いよかすり)」と「砥部焼(とべやき)」を設置しています。

レフ松山市駅byベッセルホテルズ」
伊予鉄ルーム
レフ松山市駅byベッセルホテルズ」
プレミアムルーム

朝食ビュッフェは、宇和島鯛めし・炊き込み鯛めし・松山タコ飯など郷土料理、今治焼き鳥・センザンギ・今治焼豚玉子飯などB級グルメを毎日数多く取り揃え。飲み物では、愛媛らしい柑橘ジュースの飲み比べや朝から松山の地酒も楽しめます。

レフ松山市駅byベッセルホテルズ」
レフ松山市駅byベッセルホテルズ」

 

部屋数は208室、8タイプの部屋。宿泊料金(素泊り)は、最も安価な「シャワーブースシングル」が¥8,500~(1名)・¥11,500~(2名)、最上クラスの「伊予鉄ルーム」および「プレミアムルーム」が¥25,500~(1名)・¥29,500~(2名)・¥31,500~(3名)・¥33,500~(プレミアムのみ4名)。部屋のタイプにより2名~4名で利用可能。段差の少ないアクセシブルルーム¥12,000~(1名)・16,000円(2名)もあります。

朝食料金は、宿泊客が大人1,300円・6~12才800円・5才以下無料、食事だけの利用も可能で大人1,800円、6~12歳1,500円、5歳以下900円。

 

館内設備はサウナ付き大浴場と貸切りできる家族風呂も設置。
また、18歳以下は両親や祖父母との添い寝であれば宿泊費が無料、他にもベビー用品の無料提供するなど、子供連れゲストに配慮しています。

 

関連サイト

レフ松山市駅 by ベッセルホテルズ
https://www.vessel-hotel.jp/ref/matsuyama/

松山市公式観光サイト
https://matsuyama-sightseeing.com/

関連記事