よい旅ニュース通信  ~日本のすみずみを旅先に。~

menu
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

福岡県筑前町の公園に、高さ8mの巨大かがし「鶏と卵」登場 鶏でコロナ終息の夜明けに願いを込める

福岡県筑前町では12月1日から、コロナ終息に願いを込めた高さ8mの巨大なわらかがし「鶏と卵」を、町内の安の里公園ふれあいファーム(筑前町松延60-7)に展示しています。展示期間は来年1月28日(金)まで。

巨大かがしは、町おこし活動をする筑前若者会が、わらに詳しい町のシニアのサポートも受けて、制作期間約2か月で完成させました。

鶏と卵をテーマにした理由は、筑前町は県内でも有数の採卵鶏を有しているという背景から、コロナ禍終息を願い、鳥の鶏が夜明けを告げる、という意味を込めています。

 

筑前町の巨大かがしは、毎年11月に開催している地域のお祭り「ど~んとかがし祭」に展示している季節の風物詩です。これまで、シン・ゴジラ、宇宙戦艦ヤマト、ゴリラなどユニークな巨大かがしが話題になり、この時期になると市内外や、県外からも見物客がやってきます。

 

筑前町役場の担当者は、「祭りが中止でも、巨大かがしの展示を続けられて嬉しい。毎年見学に来てくれている人も、そうでない人も、ぜひ今年の作品を見に来て欲しい。大きさに驚くのはもちろん、口ばしと胸元の精巧なわら使いは必見。」と言います。

 

関連サイト

筑後町
http://www.chiku-sp.jp/matsuri/010/020/warakagashi.html

あさくら観光協会
https://amagiasakura.net/

関連記事