よい旅ニュース通信  ~日本のすみずみを旅先に。~

menu
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

小田急電鉄、小田原でおでんや海鮮浜焼きの食べ放題&地酒飲み放題の地域交流型イベント開催 地元まちづくり組織と

小田急電鉄は、小田原のかまぼこ通り活性化協議会と連携して、2022年1月22日(土)・23日(日)・29日(土)・30日(日)に、小田原かまぼこ通りで地域交流型イベント「小田原ワーケーション体験!ミニ屋台でおでん・海鮮浜焼き・神奈川県13蔵の純米酒など食べ飲み放題」を開催します。

小田原駅東口から徒歩14分程の小田原かまぼこ通りは、昭和40年代の魚市場があり、今は水産加工業や飲食店など地域の事業者が連携して魅了発信をしています。

イベントの会場は、かまぼこ通りの「小田原宿なりわい交流館」の裏手広場(屋外)。イベントは、1781年創業の小田原かまぼこの元祖「鱗吉(うろこき)」の店主から小田原の話を聞いたり、街歩きツアーに参加したり。地元食材のおでんや海鮮の浜焼きの食べ放題、神奈川県産純米酒、ビール、ハイボールが飲み放題のミニ屋台が出店します。また、交流館内に仕事や読書ができるワークスペースがあり、参加者思い思いに過ごせます。

イベント開催時間は、各日10:00集合~15:30まで。募集定員は、各日最大30名、参加料金は、6,500円、小田急OPカード所有者は6,000円。参加者にはオリジナルグラスと枡のプレゼントがあります。

 

なお小田急電鉄は、大人の「学び」と「旅」をコンセプトに、小田急沿線の生産者や事業者、自治体等と連携して、様々なイベントを実施しています。同社広報は、「小田原好きな方、未体験の方も、ディープな小田原を知り、美味しいものを満喫して欲しい。ワーケーションスペースもあるので、パソコンを持参大丈夫。」と言います。

 

関連サイト

「小田急まなたび」
https://www.odakyu-card.jp/manatabi/

小田原かまぼこ通り活性化協議会
https://www.odawarakamabokodori.com/

小田原宿なりわい交流館
https://www.facebook.com/nariwaikouryukan/

小田原市観光協会
https://www.odawara-kankou.com/
※観光協会はイベント開催には関係がありません。

関連記事