よい旅ニュース通信  ~日本のすみずみを旅先に。~

menu
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

黒川温泉、恒例の冬季「湯あかりライトアップ」4/3までロングラン開催 川中の筒灯篭が復活

熊本県の黒川温泉(南小国町)の観光旅館協同組合は来年4月3日(日)まで、恒例の冬季ライトアップ「湯あかり」を、温泉街と周辺の南小国町内のスポット開催します。

湯あかりライトアップは、温泉街の里山の放置竹林の問題を解決する環境維持の取り組みとして、2012年から始まった冬季恒例の催しです。

期間中、温泉街には球体状の「鞠灯篭(まりとうろう)」と、筒状で高さ2mほどの「筒灯篭(つつとうろう)」が配置され、日暮れから22時までライトが点灯しています。
今回のハイライトは、温泉街を流れる田の原川(筑後川の源流)川中の筒灯篭の飾りです。これは初期に実施していた飾りですが、管理面で取りやめていました。今回10年目を迎えるにあたり復活させました。

黒川温泉 湯あかりライトアップ
黒川温泉 湯あかりライトアップ
黒川温泉 湯あかりライトアップ
黒川温泉 湯あかりライトアップ

ライトアップの開催場エリアは、黒川温泉街の丸鈴橋~川端通り、やまびこ旅館付近、地蔵堂、旅館組合前、黒川温泉バス停、黒川温泉明神様など。この他、南小国町内の満願寺温泉館前(満願寺)、夢の湯前(小田温泉)、田の原橋(田の原温泉)、湯夢プラザ(中原地区)、きよきらカァサ(赤馬場地区)、ゴンドーシャロレー(大谷山)にも展開しています。

 

黒川温泉は、熊本県阿蘇の奥深い山間地に位置します。自然環境と調和した景観づくりと、露天風呂巡を楽しめる入湯手形が人気です。

 

関連サイト

黒川温泉観光旅館協同組合
https://www.kurokawaonsen.or.jp/

関連記事