よい旅ニュース通信  ~日本のすみずみを旅先に。~

menu
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

岩手県・宮古の真鱈(まだら)の旬到来 宮古地区の飲食店など26店舗が鮮度を生かした真鱈料理を提供するフェア開催

岩手県宮古地区では1月31日(月)まで、本州一の水揚げを誇る真鱈(まだら)をテーマに、宮古地区の飲食店等26店舗で「宮古の真鱈フェア」が開催されています。主催は岩手県宮古水産振興センター。

宮古の真鱈フェアは、岩手県宮古地区(宮古市、山田町、岩泉町)の飲食や宿泊施設など26店舗が、宮古産の真鱈の鮮度を生かした調理方法でメニューを提供しています。例えば、寿司店・蛇の目本店の「タラづくしセット(2,220円)、三陸味処 三五十(みごと)の「三陸タラフライカレー(980円)、リゾートホテル休暇村陸中宮古の「タラのフィッシュアンドチップス(夕食ビュッフェ)」など。他にも丼物、ブイヤベース、バーガーなどもあり料理の種類が豊富です。

真鱈フェア
タラづくしセット(蛇の目本店)
真鱈フェア
三陸タラフライカレー(三五十)
真鱈フェア
タラのフィッシュアンドチップス(休暇村陸中宮古)

 

真鱈フェア期間中、Facebookまたはインスタグラムで公式アカウント「宮古の真鱈グルメフェア」をフォローし、対象店の真鱈メニューを注文&撮影、ハッシュタグ「#宮古の真鱈」を付けて画像を投稿すると抽選で30名に、TV番組でサンドウィッチマン伊達さんが紹介して話題になり、現在、通販で約2か月待ちの「王子のぜいたく至福のタラフライ(冷凍品)が当たります。

真鱈フェア
抽選で30名に当たるタラフライ

 

宮古地区へのアクセスは、三陸鉄道「宮古駅」または、三陸沿岸道路「宮古IC」や「宮古北IC」からアクセスするのが便利。
岩手県の担当者は、「産地でないとなかなか食べられない真鱈の刺身や、ミンチにすることなく身をそのま揚げる鱈フライなど。水揚げの日に調理される鮮度抜群の宮古の真鱈料理を、ぜひ味わいに来て欲しい。」と言います。

 

なお、1/23(日)には真鱈グルメの屋台や特産品店が出店する「宮古真鱈祭り」(宮古市)が開催される予定です。

 

関連サイト

宮古の真鱈グルメフェア(岩手県)
https://www.pref.iwate.jp/engan/miya_suisan/1043877/1047570/1047571.html

宮古の真鱈PR動画
https://youtu.be/XvsTC7JZK9E

関連記事