よい旅ニュース通信  ~日本のすみずみを旅先に。~

menu
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

沖縄県・北中城村観光協会|ミッションステートメントで観光協会をアップデート

沖縄県中頭郡の北中城村(きたなかぐすそん)の観光協会は、職員の幸せと健康(ウェルネス)の向上が観光振興の基盤になるとして、協会のミッションステートメントと職員の就業規則を新たに作り発表しました。観光協会としてはめずらしい発信。

北中城村観光協会

 同協会は、動画配信スタジオ運営、映画製作、動画キャンペーン、e-スポーツ大会、生分解性ストロー普及活動ほか、県内でユニークな事業を展開をする観光協会で知られています。職員は、事務局長(元映画制作)や、元都庁職員、元建設業営業マン、元消防職員、元インテリアショップ社員、元防災関係団体職員、元海外世界遺産ガイド等、キャリアはさまざま。

 

 観光業界において観光協会の雇用環境は全国的に良いと言えません。同協会も設立5年で離職率80%以上。状況を解決しようと昨年6月、新会長の就任を第2創業期の機会として、ミッションステートメント(※)を新構築しました。

(※)従来の経営理念等にあたるが、それを具体化し、具体的アクションの方針として明文化したもの。

 

 ミッションの導入に合わせ、就業規則と給与評価を刷新。有給休暇年20日、結婚休暇7日、ペット慶弔休暇など改正しました。珍しいのは配偶者規定に、事実婚、同性婚パートナーシップも含む事を記載。職員同士ありがとうの気持ちが賞与や昇給につながる評価制度も導入しました。

 

<ミッションステートメント>

●Mission使命
・観光を通じた地域の発展
・職員の幸せ

●Vision将来像
・親しまれ、頼られ、一目置かれる日本一の観光協会

●Values&Strategies価値基準と戦略
・ウェルネス(健幸)
・サスティナブル(持続可能)
・マーケティング(戦略構築)
・DX(デジタルの活用)
・シェア&コラボレーション(連携)

<就業規則改正のポイント>

●有給休暇(年10日)⇒年20日
●時間単位の有給休暇 上限撤廃
●夏季休暇(新)(年5日)
●長期勤続休暇(新)(勤続3年で3日)
●慶弔休暇 結婚(3日)⇒7日、ペット死亡1日(新)
●配偶者定義(戸籍上)⇒事実婚、同性婚パートナーシップが含まれる

<給与規則改正のポイント>

●住宅手当(新)
●ICT担当手当(新)
●村内飲食手当(新)協会会員飲食店での飲食費支給(上限・年12,000円)
●サンクスカード制度(新)職員同士が感謝を表すサンクスカード取得数を評価に反映

 

 観光協会は、「取組が他の観光協会等に広がることを望む。近日中、新就業規則をネットに公開するので自由に活用して欲しい。」と伝えています。以下は北中城村の観光資源。

北中城村
日本一早いひまわり祭り(1月中旬~2月上旬)
https://kitapo.jp/feature/feature_data_library/library_category/?library_tag=%E4%B8%AD%E5%9F%8E%E5%9F%8E%E8%B7%A1
中城城跡

 

関連サイト

北中城村観光協会
https://kitapo.jp/

関連記事