よい旅ニュース通信  ~日本のすみずみを旅先に。~

menu
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

佐野らーめん作りを身体で学ぶ「青竹打ち」体験|佐野市観光協会と老舗店

佐野らーめんの青竹打ち体験

栃木県の佐野市観光協会は6月から、ご当地ラーメン・佐野らーめんの製法を学ぶ「青竹打ち」体験プランを開始しました。(写真提供:佐野市観光協会)

 全国的にも有名な栃木県佐野市のご当地ラーメン「佐野らーめん」は、製法に「青竹打ち」を取り入れれて、もちもちとした麺の食感を実現しています。

 

 「青竹打ち」体験では、佐野らーめんの老舗「佐野やつや」の店主 谷津さん(元佐野らーめん会会長)が指導。2メートル程の青竹に片足を掛けて体重をかけて麺の生地を伸ばした後、専用包丁で麺をカット。その麺で作るラーメンを実食します。途中、店主が佐野らーめんの歴史や特徴などを解説。所要時間は約1時間程度。

 

 体験は火~金曜の各日11時~17時の間(計5回の定刻)で2名から受付。参加費は中学生以上の大人3,000円・小学生2,500円。お土産麺付き。小学生の麺切は保護者同伴で。申込は3日前までに観光協会専用ページから。

 

 アクセスは「佐野藤岡IC」から車で15分、JR「東武佐野駅」からタクシー5分。

 

 佐野市観光協会は、「青竹打ちは個人個人で麺の仕上がりが異なり、佐野ラーメンの味の奥深さにつながる。体験に参加して佐野らーめんの神髄を知って欲しい。」と言います。

 

 

関連記事