よい旅ニュース通信  ~日本のすみずみを旅先に。~

menu
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

第3弾【よい旅レポート】飛騨古川 鯉の引っ越し見物へ|ほぼ1泊1日旅行(後編2-1)

岐阜県・飛騨古川の春の風物詩・鯉の引っ越し見物へ(前編)に続く(後編)です。まず、鯉の引っ越し(2-1)、後日、街散策と高速バスのこと(2-2)を綴ります。前編リンクは画像下より。

鯉の引っ越し

飛騨高山で迎える朝

 前編より。4月2日(土)飛騨高山で朝を迎えました。
6:30起床、モーニングコールは6:00のはずでしたが、朝風呂は諦めました…

 

 気を取り直して部屋の窓から外を見ると凄い快晴です。見晴らしのよい街の向こうにほどよい高さの山が連なります。ゆったりと朝を迎えましたが、鯉の引っ越しのことを考えると何だか気が焦ります。
 出発前に朝食会場へ。ドーミー系の朝食は、地域の郷土料理など和食や、洋食、サラダ、ドリンクなど種類が豊富、期待を裏切りません。お世話をしてくれるスタッフさんは地元のおかあさんたち。気持ちよく接してくれます。

 

飛騨古川へ

 朝食後、7:20過ぎにホテルをチェックアウトして、JR高山本線・高山駅に向かいます。乗車予定の電車時刻は、高山駅(7:40発)→飛騨古川(7:59着)。これが丁度良いもの。その前は、始発に遡り5:32発、次が9:40発でした。路線バスは9時台。必然と7:40発になります。

 

 出発10分前に高山駅に到着、ホームで待機している列車に乗りました。発車して飛騨の平野部から奥の山脈の方に進んでいく感覚を受けました。20分ほどで飛騨古川駅に到着。駅舎を出ると懐かしい街の光景です。前編で説明していませんが、古川は直近だと2018年、2013-4年頃に数回訪れていました。仕事でプレス関係者と取材に来ていました。いずれも富山県側からレンタカーやバスでアクセスしていました。このエリアは繋げて越中飛騨と呼んでいて、そのルートなどをPRしていたという訳です。

 

高山駅

 

懐かしい古川の駅前と謎の列車?

 飛騨古川駅到着後、駅舎の傍にある跨線橋(こせんんきょう)へ。ここは、アニメ映画「君の名は。」を代表する場所です。その時、高山方面から?列車がやってきてホームに停車しました。次は9:59着じゃなかったかなと思いましたが、あまり気に留めませんでした。この記事を書いていながら思い出してモヤモヤしてきたのでJR東海に聞いてみたところ、「確認後折り返す。1週間かかるかもしれない」と言います。それほど大事で無いので諦めます(笑)。なお、逆方面から来る列車の時刻は該当するものがありません。回送だったのでしょうか。

 

飛騨古川駅
飛騨古川駅
跨線橋
跨線橋から(停車中の電車)

 

鯉を捕獲する天神池へ

 天神池に向かいましょう。この街は駅を目安にすると分かりやすいデザインです。街中は細い路地が主体です。レンタサイクルもありますが、街中は徒歩がちょうど良い感じです。郊外に出る時は、自転車を利用しない手はありません。街中から5-10分も行くと田園風景が広がる中を疾走できておすすめです。

 

 駅から瀬戸川まで5分ほどで到着しました。すでに作業の真最中。ガシガシ攻めてやっているという感じでなく淡々と作業をしていました。池は安土桃山時代にあった増島城の跡地のお堀です。見た感じは街中にある控えめな池という感じです。

 

鯉の引っ越し
作業真最中

 

 鯉の捕獲は、池に大きな網を投入して鯉を引き上げるエリアに寄せています。そこにできたプールからタモで鯉を捕獲。池の水を抜いているようですが、あの番組のように大量に水抜きしている訳でもないので、鯉たちには余裕があります。鯉を追うスタッフは頑張らないといけないかもしれません。タモで捕獲した鯉は流れ作業で軽トラックの荷台には運ばれてゆきます。

 

引っ越しする鯉の数の意味

 関係者にスタッフの人数を聞くと、約30名とのこと。市や観光協会、地域おこし協力隊、ボランティア(ヒダスケ)、住民の有志だそう。移動させる鯉の数を聞くと笑いながら1,192(いいくに)匹と言います。正確な鯉の数は重要でありません。古川が「いいくに」になって欲しいと願をかけて瀬戸川に鯉を移動させています。鯉の捕獲の様子の写真と動画をご覧ください。

 


増島城の跡地である説明
鯉の引っ越し
捕獲まで所2-3分位?
鯉の引っ越し
見事捕獲
鯉の引っ越し
流れ作業で鯉を引上げて軽トラへ
鯉の引っ越し
軽トラの荷台に一時保管
鯉の引っ越し
軽トラ4台で約30回

 

メインイベント瀬戸川への移動

 そろそろ瀬戸川に移動します。この日、見学者にとっての見どころは瀬戸川での鯉の放流。作業側にとっては天神池での鯉の捕獲が力の入れどころ。大変な作業の後、瀬戸川を泳ぐ鯉を見たら疲れも吹っ飛ぶのでしょうね。

 

 天神池から瀬戸川は歩いて10分ほど。普段、甲州街道を走る車を横目に歩道を歩いている時間帯と重なっています。古川の街並みを歩くだけの10分はとても豊かな時間です。

 

 瀬戸川を象徴する白壁土蔵の地点に到着しました。新聞社やテレビ局が取材に来ています。ちょうどそこに軽トラが鯉を運んできました。鯉の放流地点は瀬戸川を4エリアに分けて、軽トラ4台を担当エリアに割り当てているそう。次の車両がどのエリアに放流するのか明確でありませんが、なんとなく分りました。約30回分の運搬になるとのこと。
 放流初めのうちは白壁土蔵のあるブロックには先に見栄えの良い色のついた錦鯉を放流してゆきます。黒っぽい真鯉は、その後と言っていました。鯉の引っ越しを写真と動画でご覧ください。

 

鯉の引っ越し
既に鯉が放流されていた
鯉の引っ越し
仲間が集まってきます
鯉の引っ越し
見渡すとこのブロックの放流は終えていました
鯉の引っ越し
水路のような瀬戸川(うまく写真が撮れていません)
鯉の引っ越し
指導を受けながら丁寧にタモで鯉を放流する若人
鯉の引っ越し
鯉の軽トラ下り?
鯉の引っ越し
放流直後、前に進む習性があるよう
鯉の引っ越し
適応期の後、餌やりできます
鯉の引っ越し
きちんと撮るとこうなる (c)飛騨市観光協会 

 

 

 

 

関連記事