よい旅ニュース通信  ~日本のすみずみを旅先に。~

menu
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

第3弾【よい旅レポート】飛騨古川 鯉の引っ越し見物へ|街中散策と高速バス(後編2-2)

岐阜県・飛騨古川の春の風物詩・鯉の引っ越し見物へ後編、街散策と高速バスのこと(2-2)を綴ります。前編および後編(2-1)リンクは画像下より。

古川

前編(旅の目的と飛騨高山入り)

後編(2-1)目の前で鯉の引っ越し見物

古川の街歩き

 今回の旅の目的、鯉の引っ越しを見届けた後、街中を歩きます。古川はモデルコースもありますが、街の地図を見ておいて歩きながら道端のサインを確認したり、地元の人に聞いたりしながら気のままに歩くのも似合います。前を向いて歩いて街の光景を目に焼き付けたくなります。

 

写真ギャラリー

飛騨古川駅より下が中心街-MAPが適所に
飛騨古川駅より下が中心街-適所にMAPが
瀬戸川沿いの住宅前の石碑
瀬戸川沿いの石碑
歩く人がさまになる瀬戸川の通り
歩く人がさまになる瀬戸川の通り
古川
寺の境内に
  寺に遭遇 真宗寺-荘厳な佇まい
寺に遭遇 真宗寺-荘厳な佇まい
瀬戸川源流の宮川
瀬戸川源流の宮川
宮川のたもとの立派な蔵
宮川のたもとの立派な蔵
古川
通りすがり 建物名未確認
  古川の象徴の場の和風イラストレーション
古川の象徴の場の和風イラストレーション
古川
街の適所にサイン、歩きやすい
まつり広場 街の中心に位置
まつり広場 街の中心に位置
まつり会館  行事の巨大な山車を展示
まつり会館  行事の巨大な山車を展示
広場横で飛騨牛串焼き岡田屋
広場横で飛騨牛串焼き岡田屋
広場の近く名物店ひだコロッケ本舗
広場の近く名物店ひだコロッケ本舗
飛騨牛コロッケ
飛騨牛コロッケ
古川
街中の住宅の壁が演出上手
  渡辺酒造店 蓬莱が代表銘柄
渡辺酒造店 蓬莱が代表銘柄
薬草料理のOHAKO₋興味をそそる
薬草料理のOHAKO₋興味をそそる
たまたま遭遇した 蕎麦正なかや
たまたま遭遇した 蕎麦正なかや-繁盛店
パリパリ素のまま美味かった野菜てんぷら 
パリパリ素のまま美味かった野菜てんぷら 
良質の水を感じた蕎麦₋透明感
良質の水を感じた蕎麦₋透明感
古川
展示室で「あゝ野麦峠」について聞く-ファクトチェック
古川
野麦峠を越えた人主人公 政井みねさん(左)
古川
三嶋和ろうそく₋物産館の
特産品 三嶋和ろうそく店
街の特産品三嶋和ろうそく店
古川
細い路地沿いの蔵には山車が収蔵
  蒲酒造場 白真弓が代表銘柄
蒲酒造場 白真弓が代表銘柄
最後に 瀬戸川と白壁土蔵を再確認
最後に 瀬戸川と白壁土蔵を再確認
飛騨古川
印象に残った長いストリートー古川らしいからしいからしくないかは分からない

 

 昼食含め2時間ほど歩いた古川の街です。小いと言っても見所はこの3倍はあるかと。半日あれば周れると思います。郊外のサイクリング含めて1日あるとちょうど良いでしょう。古川の景色は観光協会写真ギャラリー  が参考になります。

 

 朝から5-6時間ほど古川に滞在しました。「古川は街歩きする人がさまになる街」という印象を受けました。

 

高速バスが待つ高山へ

 時刻は13:45。高山駅に戻ります。古川から高山駅へは路線バスを利用します。停留所は飛騨古川駅の横。古川駅(14:10発)→高山駅・濃飛高山バスセンター(14:45着)に乗ります。高速バスの時刻は、高山駅・濃飛高山バスセンター(15:00発)→バスタ新宿(20:45着)なのでぴったりです。あとは、高山で路線バスの濃飛バスから高速バスの濃飛バスに乗り継ぐだけです。

 

 コロナ前、高速バスは新宿と古川の間でも運行していました。現時点、復活しないようです。今後、社会情勢が変わったり、インバウンドが復活したり。第2弾「君の名は。」などが公開されたら復活すると良いですね。

 

 高山駅には14時48分頃に到着。たった2-3分なのに少し焦ります(苦笑)。体内時計は東京時間のままのよう(汗)。

 

高速バス乗車体験

 高速バス停留所に向かうと、予定のバスに乗客が乗り込んでいました。窓口で乗車券を購入(7,000円)。八王子~三鷹間の降車や、WEB購入だとそれぞれ500円安くなります。

 

 乗車前に売店で水1本だけ購入。お昼に食べた蕎麦が腹持ちして大丈夫そう。朝食もけっこう食べていました。最後の方にバスに乗ると乗客は10名ほど。席の前後に人がいないので余裕を感じます。ガソリン価格が高騰する中、バス会社的にどうでしょうか。運行を続けてくれて有難いです。

 

濃飛高山バスセンター
濃飛高山バスセンター
高速バス
高速バス

 

 新宿に向けて高速バスが高山駅を出発しました。途中に立ち寄ったパーキングエリアは、岐阜県1か所、長野県1か所、山梨1か所でした。

 

高速バス
駐車場眼下に諏訪湖が広がります
高速バス
ここまでくるとあたりは真っ暗

バスタ新宿へ到着

 しっかり確認しそびれましたが定刻頃、バスタ新宿に到着しました。道中、全てのパーキングエリアで降りるつもりでずっと起きていました。景色を見たり、スマホいじりや読書をしたり過ごしていたら長時間の移動も余裕でした。20:45到着予定というのも余裕を持ちやすい理由だと思います。

 

あっと言う間の5時間45分?でバスタ新宿に到着
あっと言う間の5時間45分?でバスタ新宿に到着

 

後記

 直行バスは正解でした。飛騨からの帰りこそ利用するのが良いかもしれません。往路は金曜仕事を終えてから電車で動いても当日夜に飛騨入りが可能です。翌朝から午後に古川に滞在した後、高山から直行バスで新宿に戻るのもあり。理想的には、高山に連泊して2日目の夜、飛騨牛や地酒を楽しみ。翌朝、高山の朝市や街中を散策してから、午後の直行バスで東京に戻ってこれると充実するでしょう。

 

 いつか、飛騨古川と高山へお出かけ下さい。

 

旅全体がコト体験

 鯉の引っ越しは、その場に行かなくても想像できるし、写真や動画を見れば分ります。一方、現場に行くと、音、匂、水しぶき、旅行者の反応などこにしかない体験があります。東京から飛騨への交通ルートをわざわざ検証するなど含め、課題や負荷を旅に付け加えると、1泊1日ほどの旅も、旅全体がコト体験になると実感がありました。

 

 ここまでお読みいただき有難うございました。

 

関連記事

error: