よい旅ニュース通信  ~日本のすみずみを旅先に。~

menu
  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook

第5弾【よい旅レポート】北海道の北見・網走へ週末旅行(旅マエ編)|旅くじ体験

5月13日(金)正午前、記者Oは成田空港にいます。これから成田空港から12:55発のLCCピーチに搭乗して女満別空港(北海道)に向かいます。2泊3日の週末旅行で、空港近くの「北見」と「網走」に出かけてきます。この旅を、旅マエ編と前・後編の3回に分けてレポートします。

ピーチの旅くじ

なぜ「女満別」に向かうのか

 昨年10月、LCCピーチが渋谷パルコに設置して話題になった自販機「旅くじ」で、「成田」→「女満別」路線を引きました。1回5,000円を支払い、指定された行先とその行先限定で使えるポイント(6,000~12,000)を引当てます。詳しくはこちらの記事を参照下さい。

 

 「旅くじ」を試す人は、(A)新しもの好きでくじ引きを楽しみたい人。(B)自分で旅先を選べない優柔不断な人。(C)その他の個人の事情で購入した人。でしょうか。ほとんどコンセプト通り(A)でしょう。記者Oが現場に向かった理由は(C)でした。「旅くじ」購入体験を記事にしようと考えました。

 

 渋谷の「旅くじ」は成田発、国内12路線が対象。関空以外であればどこでも良かったです。動機は違えど、自分の番が回ってきた時、きちんと「旅くじ」のコンセプトを楽しんでいました。引き当てたのが女満別です。当時、女満別と縁を感じる理由もありました(記事参照)。女満別から思い浮かぶのは「網走」。記者Oは、冬の時期、網走に接岸する流氷を見に行こうと心に決めました。

 

 

なかなか辿り着かない「女満別」

 記者Oが「旅くじ」で獲得したのは6,000ポイント。格安が売り文句のLCCでも片道航空券分には足りません。新年早々、ポイント不足分をANAのマイルから移行して臨戦態勢を整えました。流氷シーズンまぢかになり、行く気満々です。

 

 流氷が現れる1月下旬の都合がつかず。最盛期の2月下旬も都合がつかず。だんだんとポイント利用期限3月31日が迫ってきました。旅くじ分のポイントは利用期限がありました。なんと制限の多いことか(笑)。慌てつつ3月に入り、3月25日の搭乗予約を入れました。その直前、大阪の観光イベントに行く予定ができて、4月8日に変更しました。ポイント有効期限は延長されました。

 

搭乗日決定!旅くじを引いた日から8か月

 最終的に5月13日搭乗になったのは、4月の予約も変更したからです。その結果、差額や手数料で3万位追加料金がかかることに。実質は、旅くじとANAマイル移行分が入ります。途中、今行く必要あるのかとも考えましたが、「旅くじ」に係わったからには完結しなければならない責任感が生れていました。また、大阪の観光コンベンションに、偶然「網走&北見」ブースが出展していたことも、旅を諦めない理由でした。

 

北海道の冬の観光シーズ後、5月の網走?

 網走は道東と言えど5月は春を迎えています。オホーツクの流氷見学は終了、網走湖の凍結期も終わっています。そんな時、北海道の旅行関係の人が「5月の北海道は、道外の人に勧められるものが無い。」とツイートしているのを目にしました。

 

凍結した網走湖
湖と陸の区別がつかない凍結期の網走湖

 

 網走は3月中旬頃、冬季の名物観光が終わります。次のハイシーズンは本州が梅雨入りする6月以降、7月からです。北海道はいつ行っても良いはずですが、東京から行くならチャンスは年1-2回有るか。時期を選ぶとGWを除き5月・6月は出かけにくい時期です。今回、記者Oとしてはシーズンでないからこそ、何か発見したい思いが強くなっています。

 

 今回の旅レポート(旅マエ)は、GW明けから搭乗前日の間に用意して、成田空港で搭乗直前に公開してみました。

 それでは、そろそろ北海道に向かいます。

 

旅の行程(予定)

■4月13日(金)北見市
・成田空港→女満別空港→(バス)→北見駅、宿泊&夕食(市街地)

■4月14日(土)網走市
・北見駅→(JR石北本線)→網走駅→網走刑務所作業製品展示所→網走監獄→オホーツク流氷館→北方民族博物館→網走湖→昼食→能取岬→漁港→夕食(市街地)

■5月15日(日)網走市
・網走港(早朝)→昼食(某イベント)→網走市街地→(バス)→女満別空港→成田空港

 

女満別空港に到着してサイトを見ると記事が配信されていませんでした。入稿がうまくいかなかったようです。せっかくなので女満別空港の写真だけ上げておきます。では北見に向かいます。

 

女満別空港

 

 

知床遊覧船(KAZUⅠ)の海難事故について

4月23日、北海道道東の知床半島の海域において観光遊覧船KAZU1の海難事故が起こりました。亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。また、ご遺族の皆さま方に対してお悔やみ申し上げます。まだ残されている不明者が一刻も早く発見されることを願い、ご家族の方々に重ねて衷心よりお見舞い申し上げます。

 

 海難事故が起きた知床半島は、これから私が向かう女満別と同じ道東であり、海難事故が起きた地点は、網走、北見の海岸につながる海沿いです。今回起きたことを強く心に留めて滞在をしたいと思います。

 

2022/5/13 よい旅ニュース通信 編集長 大津泰将

 

関連記事

error: